腫れない方法|美容外科は変わりたい女性の味方|憧れを現実化!綺麗な素肌

美容外科は変わりたい女性の味方|憧れを現実化!綺麗な素肌

女性

腫れない方法

女性

痛くない施術

二重まぶたに憧れていても、手術するとまぶたが腫れたり痛かったりではためらってしまいます。しかし二重まぶたの手術には、ほとんど腫れることのない埋没法という方法があるのです。美容外科での手術は医療用の0.05mmの細い糸を使って行うので違和感がなく、腫れをとことん抑えるために0.03mmの両端針を使用するので傷跡も目立たず回復も速くなります。美容外科の手術では痛いのが苦手な方のために曲細針の麻酔鍼を使用するので、痛みや腫れに襲われる心配も殆どありません。また二重がすぐ戻らないように縫い幅を調整し、その人の年齢や状態に合わせて、結び目の数や状態に合った埋没法で施術してもらえるのです。さらにより細部にこだわる施術を実施するために、マイクロピンセットやマイクロルーペを用いた方法もあります。美容外科では実際に手術を行う前に細い針金の医療器具を使って、擬似的に二重を作るシミュレーションを行うので、安心度合いは高いです。現実に手術の依頼主のまぶたを使ってのシミュレーションなので、コンピューター上の計算とは違ったよりリアルで具体的な手術の仕上がりを再現できる方法と言えるでしょう。このようなシミュレーションを行うことで、実際に手術を行った後でイメージとのギャップを感じることも少なくなります。また医療器具を用いてのシミュレーションは、依頼主の希望するラインに到達するまで繰り返し行い、その人にあった施術法を提案してくれるでしょう。カウンセリングを受けるときにより具体的な希望を医師に伝えるために、なりたい目の写真や自分自身の写真を添えて相談することもできます。

じっくりと時間をかける

美容外科での施術は行ってからも、状態の変化や痛みなどについての不安に対応するために24時間対応できるサポート体制が整っています。治療後の心配も専門スタッフがいつでも控えていて、アドバイスしてくれるので心強いでしょう。また万一施術内容に改善や調整が必要な場合には、保証制度などのアフターケアもしっかりしているので安心できます。美容外科での施術は他で希望通りにはならなかった場合や修正が必要な場合も、相談できるようになっています。美容外科での二重まぶたの埋没法は、時々一重になってしまう方、まぶたが分厚いので手術してもすぐに元に戻る不安がある方、腫れが嫌な方や昔埋没法を行ったが元に戻った方など様々なケースに対応しています。美容外科での埋没法は腫れにくく、仕事でなかなか時間が取れなかったり、周りの人間に知られたくないと言った方に向いています。美容外科で施術を受ける前には、カウンセリングで依頼主の体質や目の形や状態などを考慮した上で要望や心配な点を聞いてその人に合った施術法を提案してくれます。カウンセリングを受けて一旦自宅へ戻ってから検討することもでるし、すぐに施術することも可能です。そしてカウセリングでの要望を元に理想の二重ラインが見つかるまで繰り返しシミュレーションします。次に術後の痛みを抑えるために麻酔して手術を行います。美容外科ではもし術後に痛みや腫れなどがあっても、いつでも相談できる体制も整っています。さらに依頼主のプライバシー保護のために、個室の待合となっていて他の方と顔を合わせることがないように配慮されているので、整形が人に知られる心配はありません。